聖母眼科

目について

目について

物が見えるメカニズム

物を見るということは、物にあたって 反射した光が角膜、瞳孔、水晶体、硝子体を通して、網膜の上に像を結び、その刺激が視神経から脳に伝わる事です。

物が見えるメカニズム

大人の眼球は直径約24ミリの球形です。

  • 一番前にあるのが黒目と呼ばれていますが、
    本来は透明な角膜
  • その後ろは茶目と呼ばれている虹彩
  • 虹彩の中心の穴が瞳孔
  • その奥に水晶体とさらに硝子体
  • そして眼球の一番奥に網膜というカメラでいうと
    フィルムにあたる薄い膜があります。

近視ってどうしておこるの?

近くを見る時
緊張した状態で水晶体が膨らんでいる
遠くを見る時
緊張しない状態で水晶体が伸びている

人間の眼が近くも遠くもはっきり見ることができるのは、レンズの役割をする水晶体が距離にあわせて、調節しているからです。
近くを見るときはこのレンズが厚くなり、遠くを見るときは薄くなって焦点を合わせています。

近視になる原因には大きく分けて二つあり、一つは遺伝的なもの、そしてもうひとつは目をつかう環境が原因のものです。
遺伝的に近視になるのは、顔や体型が両親に似るのと同じで目の形も両親に似て近視になってしまいます。この場合、目の長さが近視ではない人より長くなっています。(近視の人の目の長さは24mm以上で、中には30mm近くある人もいます。)

環境が原因の場合は、文章を読んだり書いたり、近くを長時間見続けると、厚くなった水晶体が次第にもとに戻りにくくなり近視になってしまうのです。
このように近視は病気ではありませんが、一度なってしまうと治りません。近視を適切に矯正していない場合は、肩こり、偏頭痛、あとは眼精疲労を起こしたり、近視がさらに進む原因になることもあります。

近視を矯正する方法は、眼鏡・コンタクトレンズが主流ですが、現在は、手術(エキシマレーザーを使った矯正方法:レーシック)も広く行われています。また近視がとても強くレーシックができないときには、眼の中に人工のレンズ(ICL)を入れる手術も行われています。

近視を進めず、目の健康を保つために

近視を進めず、目の健康を保つために

パソコン業務をするときには
  • 適切な照明のもとで眼を疲れさせないように!
  • 正しい姿勢で座って
  • 画面との距離は、40センチから70センチ
  • 視線がやや下向きになる角度で
  • 適度な休憩と体操を忘れずに。
ゲームをするときには
  • 40分以上は続けない。
  • 戸外で遊び体の緊張をほぐす。
  • 栄養バランスよい食事を。

パソコン、テレビゲーム、携帯電話など現代社会は、私たちの目に影響を及ぼすことがたくさんあります。
眼を酷使することによって、ならなくてもよい近視やドライアイになってしまうことがあります。

眼は、体の中でとても大切な器管です。
日頃から眼を酷使せず、おかしいなと思ったら診察をうけてみてください。

目のお悩み相談やカウンセリングもお気軽に。

0877-46-4481

●受付時間:
午前8時~午前11時
午後1時~午後5時30分
●休診日:
日曜・祝日/水・金曜日午後

住所:香川県坂出市室町2-1-39MAP

※休診日、年末年始は、電話での対応をお休みとさせていただきます。

ページトップ